認知症の予防

認知症の完治は期待できない

一度発症してしまうと完治が難しい、いわゆる不治の病と呼ばれているものも少なくありませんが、その中の一つとして認知症が現在における日本では関わりの深いものとして知られています。
歳を経ることによって発症してしまう可能性のある認知症は、投薬やリハビリ、サプリメントの利用によって症状を緩和させることができますが、前述した通り完治は期待できず、あくまで対症療法でしかありませんのでなるべくなら発症してしまう前に予防策を取っておくのが一番認知症に対する有効な手段であるとも言えるでしょう。

食事による予防策は和食

認知症は脳の機能が損なわれることによる知能の低下からくる症状ということになっていますが、言い換えるならば予防策としては脳の機能を保持しておけば認知症を遠ざけることができるということになります。
ではどういったことを行うことにより脳の機能を保持しつづけることができるのか、ここがポイントとなりますがまず食事による予防方法が考えられます。

特に認知症に対しては和食が有効な予防策であると言われており、魚に含まれているDHAは一時期ブームとなったのが記憶に新しいですが、他にも野菜や果物といったものにも有効な成分が含まれているために、認知症の予防を考えるのであれば積極的に摂取していくべきでしょう。

脳を活性化させること

また脳の機能を向上には脳を活性化させることが重要であり、これは認知症患者へのリハビリにも活用されているもので、例えばパズルといったゲームや絵画なども認知症への対策としては有効となっているものです。

生活習慣もまた認知症の予防に繋がってくるものとされており、タバコや飲酒は最近の研究により認知症に関連性があるとされていますが、それ以前に健康そのものにあまり良いものではありませんのでなるべくなら控えるべきでしょう。