認知症サプリメントでの改善例

認知症の症状緩和のサプリメント

不足した栄養の補給などを目的としたサプリメントが現在広く普及しており、ドラッグストアといった店舗にて気軽に入手することができますが、サプリメントは医療の分野においても活用されることがあります。

例えば認知症に対する症状の緩和のためのサプリメントもあり、投薬とは違い副作用もなく他の治療方法と平行して用いることができ、また認知症の患者に対して安心して飲んでもらえるというメリットがあるので手軽に利用することができます。しかし皆さんが普段利用しているサプリメントの中では効果が体感しにくいものも少なくありませんが、認知症の症状に用いられるサプリメントの具体的な効果にはどういったものがあるのかというのがやはり気になる点ではないでしょうか。

認知症の症状の緩和のサプリメント

こういった認知症に対するサプリメントの有効成分の代表的なものとして、米ぬかから抽出されているフェルラ酸がありますが、この成分の特徴としてβアミロイドと呼ばれる認知症に関わりの深いタンパク質が集まってしまうのを防ぐ効果があります。

もう一つの代表的な成分としてはガーデンアンゼリカと呼ばれるハーブの一種があるのですが、これは脳の細胞であるニューロンの構築を促す効果を持っており認知症だけでなく様々な大脳変性疾患に有効であるとされています。

こうした成分を含むサプリメントを使用した結果として認知症の改善に繋がるのですが、投薬でも効果がない場合でも改善例があったという報告もあるために非常に有効な治療方法といえるでしょう。その改善率は7割と言われており、末期の重度の認知症に対する劇的な改善例も中にはあるため、サプリメントの使用は認知症に高い効果があるということがわかります。