認知症の治療薬

根本的な治療方法はまだない

認知症は主に加齢による脳機能の障害から引き起こされる知能の低下のことを表す症状の名前となっていますが、日本は現在、高齢化社会によってこの認知症が発症してしまった患者が150万人を超えているとも言われています。
一番の問題は認知症を完治させる方法がないということで、一度発症してしまうと進行を遅らせることは可能となっていますが、根本的な治療方法はまだ見つかっておらず、そのために介護職に対し昨今注目が集まっている理由の一つとなっているわけです。

アリセプト

認知症は重度になってしまうと、徘徊や暴力などといったものにまで発展してしまうために、初期段階で数種類に及ぶ投薬を含めた治療方法により進行を遅らせることが肝要と言われています。

認知症に使用されることのある薬剤にも症状やケースによって様々ありますが、認知症に対する機能改善薬として最近開発されたアセチルコリンエステラーゼ阻害薬が一般的に普及するようになり、アリセプトという商品名にて流通しているのを聞いたことがある方もいるかもしれません。

このアセチルコリンエステラーゼ阻害薬は、認知症の初期段階から重度のものまで幅広く使用できるのが特徴ですが、消化器官系に対し副作用があります。

NMDA受容体拮抗薬

同様にNMDA受容体拮抗薬という名前の薬剤も認知症の症状緩和に使用されることがありますが、これはアセチルコリンエステラーゼ阻害薬とは異なるアプローチが行える薬剤となっており、重度の認知症の患者に対してアセチルコリンエステラーゼ阻害薬と同時に使用される事が多いでしょう。

他にも認知症は不眠や幻覚などの症状が現れることがあるために、症状ごとに対応できる複数の種類による薬剤が使用される場合も少なくありません。